ごあいさつ

 

20代で家を建てたとき図面がわからず、工事が進むにつれ「こんな風になっちゃうの?」って悲しくなりました。変更を言うたびに言われる追加料金に断念。

 

30歳過ぎてから2級建築士の勉強をしました。建築士になってから多くのお宅に伺い、家族構成、趣味、インテリアのこだわりは多種多様。その中で収納や掃除の工夫、考えられた間取りと発見の連続です。

 

しかし、住宅に関する知識がないために様々なトラブルが生じたり、私のように後悔をしている方々を数多く目の当たりにしてきました。 また、どこに相談していいかわからないままでいるかたも多数いらっしゃいます。

 

そこで、“快適な住まい”のため、気軽に参加できる勉強の場と相談できる友人が必要であると考え、各種セミナーや交流会を通して非営利の立場で各種のプロからの正しい情報と地域のネットワークづくりが大切だと感じました。

  家族みんなが家にいる時間が一番快適な空間でいられますように「住まいるカレッジ」を一緒に作っていただけたら嬉しく思います。   

 

代表 田島明子